不動産

大学周辺の物件って どう攻略すればー?

大学の周りには数えきれない位のアパートが。 築年数も新築物件から、築ン十年までいろいろ。
不動産

築年数と利回り 物件比較

不動産ポータルサイトを見ていても、色んな築年数の物件があってどうやって比較すればいいんだろーって思ったことありませんか?
不動産

信金さんに融資申し込み 結果はーーー?

地銀さんに融資を断られた後、信金さんに融資申し込みしていたミー。 一週間ほどで、口頭レベルで融資OKで進んでるとの情報を得ました。
スポンサーリンク
不動産

信金さんに融資申し込み はてさてどうなる?

地銀さんに融資お断りを受けたミー(しくしく)。 次は不動産屋さんに紹介を受けて地元信金さんへ。
DIY

DIY 物置の戸車を修理交換してみたよ!

お家の物置。もう何年も使っていて扉の戸車が壊れてしまい、とうとう左右どちらの扉も満足に開かなくなったチキ。
不動産

え?もう契約書なの?こういう順番かー!

まだ融資が下りない中、不動産屋さんから売主さんとお会いできるとのご連絡。
不動産

ギャフン!銀行さんに融資を断られたよ。

今日はいよいよ融資の相談に。
不動産

物件を売るためにムリヤリ埋める!こんなことあるの?

ミーが検討していた物件も以前見たときは一室空室だったのに4ケ月後に再度掲載された時は満室。ああ、入居者さん、ついたんだなー、と呑気に考えていたら、、。
投資

通貨のお話し。今年の通貨取引戦略

今日は不動産以外にも取り組んでるよってお話しチキ。通貨取引FXよん。
不動産

奥さまに物件を見てもらうの巻

気になる物件を外見(一人で勝手に見に行く)したあと、ちょっと外観の全体感に違和感を感じていたミー。
不動産

不動産屋さんに。価格交渉?も

今日は不動産屋さんに物件相談でお会いする日。
不動産

自身の問題解決能力が上がると、、同じ物件も 今までとは違って見える

こんちはチキー。

 不動産に関する知識が溜まってくると、以前は自分には解決出来ない問題として検討外だった物件が、自分のスキルが上がることによって検討対象となることがあるチキ。
例えば自分が駐車場問題を近隣での確保によって解決できるようになったとか、和室→洋室化とか、トイレの和式→洋式化など様々あるチキね。
 
 なので今見ていて検討出来ない物件でも自身が変わることで検討できる可能性があると言うことチキ。
逆に知識やステージが上がるとムリな冒険は必要なくなっていく(はず)ので前なら検討していた物件が検討外物件になることもあるチキね。
同じ物件なのに自分が変わると検討可否が変わるなんておもしろいチキね。
あ、それ普通?知らなかったー!
んじゃバイチキー!
不動産

気になっていた物件との再会

ある日、いつもの日課のネット物件検索をしていると、以前出ていた物件で一週間位で掲載止めになっていた物件が再度登場してたチキ。
「あっ、これは前に出た時もいいかなーと思った物件チキねー」
以前と違うのは前は一室空きだったのに今は 満室。
前回、掲載止めになった 時、問い合わせしなかった自分の決断力のなさ、チキンっぷりを悔やんでいたミーは、再度投資対象になるか確認したの後、すぐに不動産屋さんに連絡を入れたのでした。
プルルー「も、も、もしもし、、ミ、ミーと言いますけどごもごも、、、」
これが後に今年入手することになる物件でした。
入手出来たことの良し悪しはまだ分かりませんが、良いと思った物件に対して速やかにアクション出来たのは少し成長した点だったチキ。
即断できたのは、気になる物件と比較して半年以上そり物件より条件の良いもの(ミー独自基準)が出なかったなんてことも大きかったチキ。ポータルサイトを継続して見ているとこういう比較も出来るようになっていくチキね。
そのためには「逃して惜しかった」っていういう物件も経験として必要ってことチキねー。
 
不動産

専門家にお話しを聞く 後編

前編から続く。

 不動産屋の社長さんと面談することになったミー。
 自分の経歴や不動産に取り組む訳などを話しながら、これまでに見ていた物件で買い付けなかったものの気になっていた物件の一覧を提示してこれらの物件を買っていいものか聞いてみると、、、。
社長さんは無知なミー に丁寧に教えてくれました。
その頃のミーに欠けていた(と言うか今でも欠けまくってますけどー)、出口問題や道路付け、道路の向き、擁壁のリスク、利回りと資産性の相関、物件入れ替えの必要性、駐車場の大切さ、何より何を優先すべきなのか?
などなどどれも貴重な話しだった チキ。
(こんなことタダで教えてもらってごめんなさいチキ)
それらの視点からするとミーのピックアップしていた物件で買っていいのは~~~?
 ゼロ件でしたっ!
と言うか調達価格が下がれば条件近いものがありましたが、「投資家に買ってもいいと思わせるほどの出口がとれる」と想定される物件が なかったチキ。
と、言うことで一から探し直しとなったのでしたー。
良かったー、教えてもらって。
てことで「専門化の話は大切」っていう普通のお話しで終わるミーなのチキ~。
不動産

専門家にお話しを聞く 前編

不動産物件を探し始めてた頃、あまりの知識のなさにこれはメンター が必要だと珍しくまともな考え?に至ったミーはマイフレンドのつてを頼って人を紹介してもらったチキ。なんでも不動産仲介 管理をしている会社の社長さんだ とのこと。

まぁきっと個人でやってるような町の不動産屋さんだなと勝手に思ってたミー。
連絡先を聞くと、、、。
うっっ!この地域では有名な会社さんではないですかー!マイフレンド、、、いや、うれしいけどどこかの社員さんで良かったのよ。
えっ、その人から買うわけでも ないのに ただ聞かせてくれ、、なんて。よくその社長さんも受けたなぁ~。
プルルルー
ミー「あ、あの、あの、ミーですけど社長さんは、、」
受付お姉さん「はい。しばらくお待ちくださいませ」(チキンなミーにもていねいだー)
社長「はい、私が社長です!」ドーーン!!
ミー「あの、あの、、」
社長「ああ、ミーさん、フレンドさんから聞いてます、お待ちしていますよ」(渋いお声)
な、なんていい人なんだーーっ!
後編に続く
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました