中古アパートの修繕頻度と経費は、、、

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

今年の経費実績を整理していて中古アパートと戸建て賃貸について各々考えてみました。

ミーのアパート築23年で4戸で委託管理をお願いしています。

それくらいのアパートを持つとなにか起きるのか、という目線で見て頂ければと思います。

アパートでは直近1年でガラス交換・電気灯具交換×2戸で合計約4万円の修繕費が発生しています。

この他に毎月の管理費と、それとは別に共同部分の電気代が約3,600円/年。

突発的に発生したのがガラス・電気灯具の交換で計3回。

4戸しかないのに年3回発生ってことは16戸あったら12回で毎月なんか発生するってことになりますね。

中古アパートで運営し始めたら16戸ってすぐに到達しそうな戸数です。

これから考えると中古のアパート経営は常になんかあると考えて臨むべきと言えます。

経費総額的にも大規模修繕でも入れなければ年にかかる経費はそんなに多くないという印象です。

実際にはこの他に入退去があったりすると広告費なども支払わねばなりませんが。

ミーも今年3月には入居を決めて頂いた仲介さんにADお支払いしています。

一方、戸建て賃貸2戸は、、、、。

なーーーんも連絡がありません。

この一年どころか2,3年位。

3年ほど前に強風により雨樋が破損で6万円、、、というのがありましたが、なんか過去の記憶ってカンジです。

(忘れたけど保険適用申請したような、、、)

住んでいて全くなにも問題がないとは思えませんのできっとご自分で対応されているのだと思います。

単純に戸建ての方が手間がなくて優れているという訳ではなく、アパート・戸建て共に収入と手間と経費を織り込んでうまくシミュレーション&運営していくことが大切ではないでしょうか。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました