屋根のペンキ塗りでやってしまったこと

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

少し前に取り組んだ、屋根のペンキの塗り直し。

大家さん業に役に立つ、自分のDIY経験値が上がる、業者さんに頼むと高い、安く上げたい、安く上げたい、安く上げたい、などの理由でやってみたのですが。

色々と学ぶことがあり貴重な体験である一方、やってしまったことも。

どんなことかというと

1.道具を十分揃えない(というかどこまで揃えると十分か判っていない)

2.なにが最適な塗料か判定できない

3.養生が不十分、雑、、、によってはみ出す(あう!)

などです。

いかにも素人的な内容ですが最も感じたのは「3」の養生や準備にかける時間が少ない、ということです。

まず早く塗りたくなってしまいます。塗っていても細かいところを丁寧に時間をかけることより大きな面を気持ちよく塗ってしまいたくなります。

気持ちよく塗っても細かいところもしっかりやればいいのですが、暑さも相まって気が狂いそうになりやはり少々雑になります。

そして養生があまいのではみ出したりなんてことも。

更に本当は2回塗りすると良いと判っているのですが意思の力が続かない。

まぁでも逆に良いところは塗装の大変さや繊細さ、準備にかける時間や素人には持ち合わせないテクニックを考えると、塗装っていうのは専業があるのが身に染みて判りました。

僅かに試してやってみただけでこれだけ大変なのですから。

自分の経験も得ることも出来て、他の方の仕事の価値を知れたので今回は貴重な体験が出来ました。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました