日本の首相が交代しても市場は後退しない、、、

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

安倍首相、健康問題で交代となりましたね。

まあ首相なんていう職業はその重責とプレッシャーや個人としての時間のなさから常人がこなせる職務ではありません。

そんな中歴代最長の在位を更新しているのですからミーは個人的にはすばらしいと思います。

で、日本の総理大臣が代わることになる訳で、28日の取引市場では円高ドル安の流れになりました。

発表が割と突然(当然知ってる人は知ってたと思います)だったのでこれに対する反応と思います。

直近の動きで為替のニューヨークタイムでは円高ドル安の流れに一旦は落ち着きが出ている状態。

日本にいると日本の首相の交代は大ニュースですし日本のマスコミも「日本だけじゃなく海外でもニュースで取り上げられています」なんて放送してますよね。

なので日本の市場も動揺すると思うのですが、逆に日本にいてイギリスの首相交代時、一番最近ではキャメロン前首相からジョンソン首相に交代!なんてことがあってもその時ニュースに出たりしますが中期的に市場に影響がでることはありませんよね。

影響が出るのは首相の交代により政策に変化が出て外交や産業の注力点が変わったり、この影響により金融政策に変化が出たりする時に影響がでることになます。

ですので28日のような超短期の動きは無視するのが良いかと思います。

逆に超短期の動きの歪みをついて取引する手もありますが、、。

短期的には日本の首相交代よりも米中摩擦による緊張強化や経済への影響の方が市場に与える影響は大きいかと思います。

今回の交代が不動産市場に与える影響も中期的視点で注視していこうと思います。

購買活動そのものに直接影響しますので、、。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました