中々いい物件がないと陥りがちな思考

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

日々物件を探していると、たまに「お?」と思うものも出てきます。

でも売出し条件のままで自分の基準に合う物件には中々出会えない事と思います。

そんなにいい物件はポータルや広く売出し情報が出回る前か出回った直後に売れていくからですね。

なのでイメージ的には売出し条件で自分基準に近い基準以下の物件を数多く当たる中で情報収集して基準に近づけられる物件を検討していく、、、という進行かと思います。

売出前の情報が既に来る方はこの限りではありません。

ちなみに素人やほぼ素人のミーのようなステージの人の場合、売出前情報が来たとしても正確にその価値が算出できない可能性の方が高いので、ヘタにこんな情報に触れるとヘンな物件買うことになるリスクが大です。

「やった!川上情報キターーーーー!!」と思ってたら自分には看破できない安い理由があったりして、、、。

情報の価値を正しく理解できない活用できないという素人ならではの悲しさです、、、しくしく。

で、このように物件を日々検討していくわけですが、買いたいのに中々いい物件に巡り合えないと、段々と

「あー、この物件なら積算出るはずだから(金融機関の融資承認もきっと下りて)買える可能性あるなぁ、、、」

のようなヘンな方向から見てしまうことに陥りがちです。

買いたい→買えない→買える条件ものを探す→基準外を検討する

というベテラン大家さんやプロにはあり得ない危険な思考になっていると感じたら要注意です。

買ってない状態や買い付け入れていない状態だと自分はただ見てるだけで買わないのではないか?という自分自身への疑念が出てくるときもあるかもしれませんが、常に買わなければならない立場ではないので粘り強く物件探ししていきましょう。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました