空室期間をもっと短くできなかったか

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

昨年12月から3月まで空室を抱えていました。

3ケ月半ほどの空室期間で、繁忙期でやっと埋まった。

っていうカンジでした。

これは、まぁ、繁忙期が来たので運よく決まったっていう状況であったと考えています。

これが仮にもっと早い時期の9月などに退去があった場合6ケ月以上空いていたのでは? ということです。

ミーがオーナーチェンジで購入してからこの物件での募集が初めてだったのでお家賃・敷金礼金・フリーレントなどの条件を変えながら試してみてた期間もあり、余計に伸びたところもありますが。

退去は必ず訪れるものなので、今退去があったらどういう募集条件にするのか?

早く埋めるために大家さん自身で出来る物件の周知やPR方法はなにがあるのか?

など考え準備することで大家さん力を高めて行きたいと思います。

大手さんのように引っ越し費用を、、、なんてことも考えます。

転居する時にかかる初期費用はその立場になると結構高くてミーも昔、独り身での転居時(都内→都内)でしたが、引っ越し費用、敷金礼金仲介手数料前家賃など、なんだかんだで一時的に50万以上かかった記憶があります。

うーん、今考えるとどうやってそんなお金用意したんだろ。

って話しじゃなくて、転居する人もたいへんなので、より転居しやすい状況を作ってあげることを考えていきたいっていうお話しです。

周辺家賃相場は見た上で、ただ単にお家賃を激下げ、、ではない工夫を考えてみます。

一つは入居者さんのため、もう一つは仲介会社さんが客付けし易いようにするため、両方での取り組みが必要と思います。

まだまだ勉強と経験が必要なミーでした。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました