築50年の戸建て、、迫るこの後の意思決定

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

ミーの持ってる戸建て物件。

築50年以上経っていて2戸が隣り合って独立して建ってます。

今お住まいの方が10年以上前に入居されてるので退去になると、

・大規模リフォーム

・建て替え

・土地として実需に売却

・投資家または業者に売却

などのいずれかを考えなくてはなりません。

この戸建ての立地は人口7万人くらいの地方都市です。

市町村合併で3市町が合併した旧町で、その町の人口だけだと2万人強。

もちろん減少傾向。

小学校へは歩いて10分以内、近くにコンビニなし。

商業施設もちょと遠い。

周辺は戸建てやアパートがそれなりに建っている環境。

賃貸需要は全くない訳ではないでしょうが今後何十年となるとどうでしょうか。

リフォームするとなると建物の内部や設備更新だけでなく屋根や外壁、サッシ類も見直ししないとだと思います。

感覚的には安く見ても1戸あたり300万以上とか行きそうです。

2戸で600万なので、そこまで行くと思い切って立て替えた方が良いような、、、。

しかしここからこの立地で新築して30年や35年ローンもなぁ。

途中売却でも買い手があるかどうか、、、、。

投資家さんだと見る目も指値も厳しそうだしなぁ、、、。

いや、売れればそれでいいのか、、。

これは退去が現実のものとなる前に意思決定をしておかねば。

ホントはもう結論出てなきゃダメなのに決められないヨワヨワなミーなのです(泣)。

決めた方向性により準備の仕方も違うから早めに決めておかないと。

この問題を良い方向で解決していくためにもミーの大家さん力を磨いていかなければと思います。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました