最初に東京で住んだ時にお部屋を探した条件

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

東京で、最初に住んだアパートは、お風呂なし1Kでした。

なんでそんな所?かというと

うん。通勤に30分以上かけたくなくてかつ安い所って条件で探して、それ以外の条件は全て排除した結果。

フローリングじゃなくて畳だったけどミーは満足満足。

戸越銀座の近くで街の雰囲気は寂しくもなくかと言ってうるさくもなく。

近くにお風呂屋さんやコンビニもあって便利でした。

建物はすんごい古かったけど。

同じアパートには比較的お年寄りが多く住んでいたような気がします。

とまぁ、このように世の中には極端な条件で住む所を探す人もいるので、多くの先輩大家さんが言っているように立地や周辺環境も含めて物件になんでもいいのでウリの特徴があるっていうことが大切になると思うチキよ。

で、少ない経験からでも、ウリはポータルサイトや販売情報や図面を見てるだけじゃ中々見えなくてやっぱり実物を見た方が見つけ易いです。

もちろん、情報からだけで見えるウリがあってもいいのですが、それだとみんなが同じように気づくので人気物件になって購入も競争になってしまいます。

やっぱりミーの場合は実際に物件を見に行って運営イメージを実感したい派なのですが、これはまだ目利き力が足りないってことなのだろうか?

でも、、。見にいくのは楽しいからいいですー!

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました