内見じゃなく、、外見、、、ならいつでも出来る!

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。

チキンなハートのミー。

中古や築古物件を検討する時も元々積極的に不動産屋さんに問い合わせ出来ません。

(あっすいません。ダメダメなかんじで)

その代わり問い合わせせずに物件を見に行くのはコロナショック以前からやっています。

当然カギなんか受け取っていませんので外からジロジロ見るだけです。

ちょっと不審者的なカンジがするのが難点です。

内見、、、っていうけど実際はみなさん、内見時には建物外の中だけでなく外観から物件の周囲の環境も見てると思います。

都市部なら駅から物件までの道とか地方なら幹線道路までの出方とかも。

ここで仮に物件そのものの出来が良くても、周りに全然お店がないとか、周囲が全体的にすんごい寂れてるとか、隣の敷地から樹木がいっぱい越境してきてるとか、物件に行くまでの道がすんごいせまいとか(全て実際にあったもの)、怖そうな人(決めつけ失礼)がこっちみてるとかあったら検討そのものに大きな影響を与えますよね。

まあ、悪条件があった所でそれを含めて投資になる価格なら検討になるのですが大半は普通の土地建物価格で売り出されてます。

これらのことは土地建物と同じくらい重要度が高いので投資可能物件にするには相当な指値を通す必要が、、。

でもそんな物件でも売れていってるようだから、、、、。

という話ではなく今日のお話しはたとえコロナで自粛中でもできることを探してがんばろう、、、ってお話しでしたー。

でわでわバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました