アパート経営は二極化が進んで いる 、、、と

不動産
スポンサーリンク

こんちはチキ。

先日、管理会社の方とお話ししていると。

どこの地域もキレイでおしゃれな建物と、デザインも古くて外からの見た目もイマイチな物件てありますよね。

ミーのような頭で単純に考えると「おしゃれ物件の圧勝ですよね?」となる訳ですけど、管理会社さん曰くそうでもない、、と。

キレイでおしゃれな物件はお部屋も埋まってて順調そうに見えるけど多くの借金を抱えながらの運営。

昔からの地主さんで超余裕の人もいるけどそんな人ばっかりじゃないよ、、と。

一方、キタナ物件(失礼)は既に収益を上げ切っていて空室率50%や66%でも運営に問題ないところが多いとのこと。

 これ以上は管理会社さんも言わなかったけど、そんな物件を運営している人は他の(きっとおしゃれな)物件も運営していて、古い物件が全空になった(あるいは立ち退き交渉して)ところで立て替えて一気におしゃれ物件に変えてまた運営することでしょう。

なので空室たいへんそー!ではなく、早く全空になって!なのかも。

今までは、築浅キレイ物件うらやましー!築古空室いっぱい物件のオーナーたいへんだなーとしか思わなかったけどこの話しや考察から少し見方を変えるようになりました。

ミーも早くキタナ物件のオーナーになれるようがんばろう!

ん?なんか違う?

んじゃバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました