空き部屋埋めるのにやったみた試行錯誤の例(3/3)

不動産
スポンサーリンク

空き部屋を埋めるための作戦案を実行して今回、やっと決まったところまで紹介できるチキ。

ここまで「1」「2」を実行して既に3ケ月空き部屋継続。

(い、いいのか、余裕ないのにこんな試行錯誤してて)

実施中の空き部屋募集の作戦案(「1」→「7」の順番で実行)

1.これまでと全く同じ条件で募集

2.ポータル募集条件変えず礼金条件緩和

3.ポータル募集条件変更して礼金条件緩和

4.フリーレント

5.引っ越し代金プレゼント

6.フリーレント追加

7.AD追加

ここで反響数を少しでも上げるため、「3.ポータル募集条件変更して礼金条件緩和」を実行。

管理会社さんにお願いしてポータル条件変更。

(チキンなミーはお願いが苦手。管理会社さん面倒かけてすいません!)

緩和内容は「2」と同じく礼金1ケ月→礼金0ケ月。

ここで反響が少し上がったと思われ、内見後、大手業者さんが入居付けしてくれました。

その時入居時期の条件交渉があり、月初めから使うわけではないので一週間分のフリーレントの申し入れがありました。

これを受けたので作戦案で言うと「3」と「4」の間で決定したというところ。

これが2月に入った辺りだったので、違う時期ならもっと条件緩和しないと決定できない、、、ということになるチキね。

(もしくはずっと空けて繁忙期まで待つか、、)

空いた期間はあったけど、今のミーの物件がどの位で決まるのか分かったのは良かったチキよ。

これくらいなら競争力は維持してるな、とも思えたチキ。

まぁでも外部環境(競争相手の増加など)によってこの先はわからないけどー。

ということで空き部屋募集の試行錯誤でした。

んではバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました