業者さんの不利な点は?、、個人のいい点も

不動産
スポンサーリンク

 こんちはチキ。今日は業者さんと個人を比較してどの点が有利不利があるのかを考えてみるチキ。

まず、物件仕入れから行くと調達価格が安くできるのは圧倒的に業者さんチキよね。

業者さんは法人での取引だし動かせるお金も個人とは比べ物にならないチキ。

併せて買い付け入れられる側の不動産屋さんも買い取り価格の相場は知ってるから安い価格での打診も全く不振に思わないチキね。

業者さんなのに個人が買うような高い価格で買い取り打診してきたら逆になんかの病気かと思われるチキよ。 

一方、業者さんの不利な点はというと、法人である以上いついかなる年度にも買い付け(→&売却)しないとダメな点チキね。

買い手が決まってる物件を買い付けて即売るならリスクは限定されるけど買い付けして持ってる間になんかあって物件売れなくなったり、市場変化があったりするリスクを負う訳チキよね。

まあ、その時の相場では安く買ってる訳だし会社の経営そのものに影響を出すような買い方はしないだろうからリスクコントロールはされてるチキね。

一方、個人の場合はその人の買い付け基準や相場観から「今は買わない」、「これ以下の相場の時しか買わない」のようなことができるチキね。

不動産以外に株式投資でも暴落時のみに買う投資法があるチキよ。

わかり易い手法では「全国紙新聞の一面に相場下落の記事が出た時だけ買う」なんてのもあるチキ。

それ以外の時に買わないでいるその精神力がすごいチキ。 

ということで、業者がいる限りどの相場でもいつの年度でも物件は買われるチキ。

気をつけなければならないのは物件が買われてるからって、売れてるなー、買う人いるんだなー、まだ買い時なんだとカン違いしないように注意しなきゃダメってことチキね。

同じように買われてるように見えてもそれは業者が売り先を確保してから買ってるかも、、、。

個人の買い方とは根本的に違う意味の「買い」かモしれないということ。

普通の個人買いは売り先見つけてから転売目的で買わないチキよね。

ましてやそれを単年度内に繰り返さないチキね。

自分の投資基準への順守度の柔軟性は人それぞれかもしれないけど自分なりの投資基準を確立することがリスク排除になるチキね。

と言ってもミーの持ってる物件、個人買いの中でも少し高めに買ってるしー!(泣)

よし!運営がんばるぞー。

んじゃバイチキー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
スポンサーリンク
チキンハート・ミーをフォローする
スポンサーリンク
チキンハート・ミーの「大家さんでチキチキ」
タイトルとURLをコピーしました